障がい者支援施設 あさかあすなろ荘

お手伝いできること

障がいをお持ちの方々の自立の促進、生活の質の向上を図ることができるよう、
通所による創作活動、作業の取り組み、生活の支援、さまざまな相談も承ります。

施設入所支援

利用者様のニーズを実現できるよう、適した個別の計画を考え、その計画を基に支援を行っていきます。一人ひとりが望む生活と自己実現に向け、安全かつ快適に過ごせるよう支援している生活施設です。
余暇の支援では、社会資源や娯楽施設を活用し、施設生活でのリフレッシュも兼ね、興味・関心に合わせた個別での外出や小旅行を実施しています。
豊かな緑に囲まれるあさかあすなろ荘で、自分の時間を大切にし、時に仲間同士助け合い、その人らしい暮らしが営まれています。休みの日には買い物に行ったり、体育館のトランポリンを利用したり、もちろんゆっくりと過ごしてみたり...と思い思いの休日を満喫しています。
成人期、壮年期におけるサービスを利用されている皆さま一人ひとりがより豊かな生活を実現できるよう、さまざまな作業・行事・余暇活動・就労支援等のサポートを行っています。また、年に数回施設を離れアットホームな雰囲気で暮らす体験ができる「自活訓練」(身体及び知的障がい者地域生活体験支援事業)も行っております。

  • 入所01
  • 入所02
  • 入所01
  • 入所02

短期入所事業(ショートステイ)

地域生活をおくる障がいをもった方の、介護者やご家族の方に病気・事故等が生じた際に一時的に利用できるサービスです。利用される方に応じて短期の宿泊や日中利用のサービスを提供させていただいています。
地域生活で暮ら している障がい者の豊かな生活を支援するべく、日中活動の場を提供し、見守りや社会適応のため日常的な支援などを提供させていただいています。

日中一時支援事業

ひとりひとりに応じて、作業・就労、コミュニケーション、学習、余暇、運動等の支援プログラムを提供させていただいています。
地域生活で暮らしている障がいを持った方の、介護者やご家族の方に、病気・事故等やその他の理由により、一時的に介護できない場合、一時的に利用できる日中利用のサービスを提供させていただいています。

でこぼ工房

「でこぼ工房」とは職住分離(暮らしと活動)の観点に、活動場所を施設と分離した作業所です。

  • でこぼ01
  • でこぼ02

① 作業

菓子箱の組み立て、古布の糸取作業を行っています。作業での、工賃をお渡ししています。

② 創作活動

作業になじまない方の活動のひとつとして、創作活動を行っています。創作では絵画の作成や、さをり織り等に取り組んでいます。でき上がった作品はTシャツや雑貨にアレンジし、Unico(ウーニコ)として販売もしています。

③ 自立課題

自立課題は達成感が得られるよう、ご本人に合った課題を用意しています。
構造化(ご本人に分かりやすく環境を整える)やスケジュールの提示をさせて頂くことで、ご本人が見通しを持って安心した生活を送れるようなサポートもさせて頂いております。

④ 体力養成

週に2回程、近くの公園など皆さんのリクエストによりウォーキングコースを選びます。自然や、四季折々の風景を感じながら、心と体をリフレッシュも兼ねて毎日の活動に励んでいます。

社会福祉法人 安積愛育園障がい者支援施設あさかあすなろ荘

024-947-7575

通所・入所(住居)・18歳から壮年・日中一時支援・ショートステイ

お手伝いできること