地域生活サポートセンター パッソあゆみの家

大切にしていること

ご利用者様の置かれている環境や障がいをまず理解し、その個性に寄り添うよう心がけ、
言葉を超えたさまざまな活動や体験で、人と人とのつながりを大切にしています。

一人ひとりに寄り添う

利用される皆さまの障がいその他の状況、及びその置かれている環境に応じて、入浴、食事の提供をはじめ、創作活動、機能訓練、生産活動、社会活動などへの適応のために必要な訓練を行っています。利用されている約半数の方が、身体に障がいを持ちながらも元気に過ごされています。

交通の要所で、活動的に

国道49号線に面し、また東北自動車道路・郡山インターチェンジがすぐそばにあり、交通の便が良い場所です。地域に向けて行動するところもたくさんあり、少し歩くと住宅街で、散歩をしている間に自然と地域の方々と交流ができてしまうほどです。近くには郡山養護学校も立地しています。

体験的な活動で人と人との繋がりを

利用されている皆さまの中には、言葉でのコミュニケーションに困難さを抱える方も多くいらっしゃいます。そのような中、あゆみの家では音楽療法や調理実習、創作など、体験的な活動を大切にし、言葉でのコミュニケーションや自己表現が困難な方に、いろいろな形で表現の機会を持っていただいています。音や料理、色彩などの感動が、私たちをより身近に繋いでくれています。

社会福祉法人 安積愛育園地域生活サポートセンターパッソあゆみの家

024-952-0960

通所・18歳から壮年

大切にしていること