あさかホスピタル  | あさかホスピタルの特色 | リハビリテーション

作業療法

急性期・回復期・外来・うつ病・統合失調症、それぞれに分けて
作業療法の機能・プログラム・ご利用方法や流れなど、詳しくご紹介します。

  • 急性期作業療法
  • 回復期作業療法
  • 外来作業療法
  • うつ病の作業療法
  • 統合失調症の作業療法

急性期作業療法(D棟4Fリハビリテーションセンター「ソーレ」)

機能(役割)

動揺しやすい不安定な状態からの早期離脱をはかり、慢性化への移行を防ぎ、回復期に始まる現実生活への移行準備を促すよう、安心・安全感の保障、現実感と身体感覚の回復、休息援助、欲求充足と発散、自己状態の把握と回復ペースの理解、回復状態の評価とチームへの情報提供を主な目的として開始される。
不安定な症状から早めに脱し、長期になるのを防ぎ、現実生活への準備のサポートをします。
安心・安全感の保障、現実感と身体感覚の回復、休息援助等が主な目的です。

週間プログラム(例)

 午前(午前9:00から11:00)午後(午後1:00から3:30)
月曜日

創作活動

カラオケ

創作活動

カラオケ

(集団CBT 13:45〜)

個別運動

個別運動
火曜日

創作活動

カラオケ

ソーレ交流会(10:00〜11:00)

創作活動

カラオケ

ウェルネスプログラム(9:15〜10:00)

個別運動(10:00〜11:00)

個別運動
水曜日

創作活動

カラオケ

OTPセッション(10:00〜11:00)

創作活動

カラオケ

個別運動

 

個別運動(ヨガの時間を除く)

専門的リラクゼーション(14:30〜15:30)

アロマ 2・4・5週

ヨガ 1・3週

木曜日

創作活動

カラオケ

Eトーク(10:30〜11:30)

休み

ウェルネスプログラム(9:15〜10:00)

個別運動(10:00〜11:00)

金曜日

創作活動

カラオケ

創作活動

カラオケ

個別運動

個別運動

マッサージ

土曜日

創作活動

カラオケ

創作活動

カラオケ

個別運動

個別運動

各種プログラム

ウェルネスプログラム
目的 運動によって精神的、身体的な機能を高めます。集団での活動により周りの方への配慮など社会的なスキルの向上へつながることを目的とします。
内容 火曜日~集団で楽しめる運動、簡単なスポーツなどを実施
木曜日~ストレッチ、コアトレーニングなど体力、バランス面での強化を狙った運動を実施
 
集団CBT(認知行動療法)
目的 ストレス対処スキルを身に付けること、ストレスに強くなる事を目的とします。
内容 小集団でのセッションとホームワーク、振り返りを行います。考え方のクセを知り、考え方や行動の幅を広げるための方法を学び、実践してみます。
 
OTPとフリートーク
目的 統合失調症に対する対処スキルの向上を目指します。またピアミーティングによるリ意欲を高めます。
内容 対処スキル向上の勉強会とピア(当事者同士)のフリートークを行い、OTPを集団で勉強し生活のしづらさを減らしています。また、病気などの悩みをお互いに話します。
 
ソーレ交流会
目的 交流体験場面を自主的に運営していくことで、リカバリーへの意識を高めます。
内容 小集団での活動の機会を設け、その中での交流体験、コミュニケーションの実践を行います。「ゲーム」「お菓子作り」「工作・手芸」の3つのカテゴリーから毎週の活動を実施します。
 
疾患別プログラム
  <気分障害グループ><統合失調症グループ>の2つに別れます。
目的 患者様への疾患教育を集団プログラムとして行い、治療に対する主体的な意識(ウェルネス)を高めていきます。
内容 急性期の患者様を中心に、看護師や薬剤師、作業療法士、臨床心理士、精神保健福祉士による疾患教育となっています。退院後をイメージしつつ、再発防止に向けて必要な知識の基礎を学びます。
 
調理活動
目的 社会生活を営む上で必要なスキルの獲得・向上を目指し、興味関心の拡大を図ります。
内容 各患者様のニーズや必要とするスキルに合わせて調理内容を検討、調理を実施します。
 
カラオケ
目的 発散や楽しむ体験により、自己表現の場の提供や場の共有による社会性の獲得、自己回復を高めていく機会とします。
内容 各々好きな曲を選曲し歌い、また他者の歌を聴きます。
 
創作活動(手工芸)
目的 作業を手段として利用し、当事者の治療目標達成へのサポートをします。(情緒の安定や日中の活動性の向上など)
内容 パラレルな場面で侵襲性の少ない手工芸の活動が中心となっています。活動の目標を当事者と話し合い、目標を達成するためにOTが個別に関わります。
 
個別/集団運動プログラム
目的

個別:個人が自分のペースで運動を行うことにより、心身の活動性の向上を図ります。また、体を動かす楽しみを経験します。

集団:集団で運動を行うことにより、心身の活動性の向上を図ります。また、他者と共に体を動かす楽しみを感じ、他者との交流の場として実施します。

内容

個別:エアロバイク、ランニングマシーン等を用いて個別に運動を行い、筋力や持久力等の向上を図ります。

集団:バドミントンや卓球などの集団での運動を通し、心身の活動性の向上を図ります。

 
専門的リラクゼーション
目的 ストレス性疾患の患者様に対して、専門的なリラクゼーションプログラムを導入することで、治療(薬物や精神療法以外)選択の幅を拡大し、より効果的な入院治療を図ります。
内容

アロマ:外部講師によるアロマの実践になります。体調に合わせたアロマを調合し、活動内で香りを用いたリラクゼーションを図ります。

ヨガ:外部講師によるヨガ療法の実践になります。呼吸法や無理のないポーズ での呼吸、全身のリラクゼーションを図ります。

 
アルコール疾患教育
目的 断酒、生活習慣改善への動機づけを高め、アルコール関連疾患の知識獲得を図ります。
内容 アルコール依存症の身体的合併症の危険性や治療過程を学び、資料を用いて患者様とセッションを行います。
 
eトーク
目的 自らの疾患や薬、社会資源などについて学ぶ場を提供します。参加者同士の意見交換や情報の共有を図ります。
内容 5回1クールとし、スタッフより患者様に情報提供を行います。また、患者様同士で体験等を語り合うピアミーティングの機会とします。
  • コミュニティフロア

    コミュニティフロア

  • IADL訓練室

    IADL訓練室

  • 創作活動室

    創作活動室

  • サンルーム

    サンルーム

  • リラクゼーションルーム

    リラクゼーションルーム

  • フィットネスルーム

    フィットネスルーム

回復期作業療法

機能(役割)

作業療法室では、心と体の動きをよくするために様々な活動を行っています。より良い生活を送るための援助をすることも作業療法の一つです。入院が長期にわたる方に対し、具体的な活動を通して、退院して地域生活を目指すことや生活の質が維持・向上できることを支援します。また、作業療法を通して、生活の中での楽しみを一緒に見つけていきます。

週間プログラム(例)

  午前(9:00〜11:00)午後(13:00〜15:00)
月曜日B棟

カラオケ

自由選択活動

小集団ゲーム

さくらOT(2F・3F)

カラオケ

自由選択活動

小集団ゲーム

病棟内OT    
火曜日B棟

カラオケ

自由選択活動

さくらMT(2F)

カラオケ

自由選択活動

音や

小集団調理活動

病棟内OT   ひまわりOT
水曜日B棟

カラオケ

自由選択活動

さくらMT(3F)

カラオケ

自由選択活動

リラックスタイム(3回/月)

リズム体操(1回/月)

病棟内OT ひまわりOT ひまわりOT
木曜日B棟

カラオケ

自由選択活動

休み
病棟内OT

さくらOT(2F)

すみれOT(隔週)

しゃくなげ会(1回/月)
金曜日B棟

カラオケ

自由選択活動

カラオケ

自由選択活動

小集団調理活動

病棟内OT

しゃくなげOT

すみれOT(隔週)

 
土曜日B棟

映画鑑賞

運動プログラム

カラオケ

自由選択活動

病棟内OT    

各種プログラム

運動プログラム
目的 体力の維持・向上を図ることで転倒防止につなげます。簡単なゲームをすることで、楽しみながら体を動かす機会を提供します。
内容 集団でウォーキングやストレッチなどの基礎体力のトレーニングを行います。
 
リラックスタイム
目的 集団力動を利用して、他患者様との交流を図るとともに、楽しみやリラクゼーションの機会とします。
内容 表情筋の体操、発声練習、歌、タオルで顔のマッサージ、指・足の体操を行います。
 
体操
目的 身体機能の維持・向上を図るとともに、転倒予防も図ります。
内容 体操の中で下肢の関節運動や片脚立位、重心移動等を行うことで、下肢・体幹の筋力訓練、バランス訓練を行います。
 
リズム体操
目的 身体機能・精神機能の維持・向上を図ります。楽しみながら体を動かす経験をします。
内容 外部講師を招き、ストレッチ、筋力トレーニング、音楽に合わせた体操等を行います。
 
小集団ゲーム
目的 楽しむ体験により自己回復を高め、運動機能・精神機能の維持、向上を目指します。集団でゲームを行うことにより、他者と場を共有する機会や交流の場を提供します。また、ルールに従ってゲームを行うことで社会性を身につける機会とします。
内容 参加者の意見をもとに実施するゲームの内容を決定し、小集団で行います。
 
音や
目的 気分転換の機会を提供することで、リラックス効果の拡大を図ります。また、自身を振り返る時間を作ります。
内容 患者様が希望する曲の鑑賞を行います。
 
さくらMT
目的 刺激の入力により、精神機能の賦活、沈静化を図り、精神機能の維持・向上を図ります。音楽を楽しむ機会を提供し、能動的な活動を体験することによって興味・関心を引き出します。
内容 リズム歌、遊び歌、楽器遊び、手拍子等を用い、音楽活動を行います。
 
ひまわりOT
目的 OT室に来ることができない患者様に対して、活動できる場面を提供すると同時にOT室への参加に繋げます。また、自分で選択した活動や他患者と交流をもつことによって楽しむ機会をもち、活動性やQOLの維持・向上を図ります。
内容 カラオケ、集団ゲーム、個別活動、散歩、季節ごとの行事等、集団・個別の活動を行います。
 
さくらOT
目的 身体機能・精神機能の維持・向上を図り、楽しむ機会を提供します。
内容 スカットボールやカラオケ、楽器を使った音遊びなど、大集団でのレクリエーションを行います。
 
創作活動
目的 作業を手段として用いることで、情緒の安定や日中の活動性の向上等を図ります。それによって当事者の治療目標を達成するための一助とします。
内容 パラレルな場面で侵襲性の少ない手工芸等の活動を行います。活動の目標を患者様と話し合い、目標を達成するためにOTが個別に関わります。
 
自由選択活動
目的 様々な活動の選択肢を提供することで興味関心の幅を広げます。気分転換や楽しめる時間、自らの行動の選択をする機会を作ります。
内容 自分の興味関心に沿った作業活動を選択し、実施します。選択困難な患者様に対しては、活動が行えるようにスタッフが事前準備し、活動を促します。
例)麻雀・将棋などのボードゲーム、音楽鑑賞等
 
映画鑑賞
目的 活動の幅を広げ、気分転換の機会を提供します。また、精神活動の安定化を図ります。
内容 月ごとに決めたテーマに沿った映画を上映し、鑑賞します。
 
カラオケ
目的 歌うことでストレスの発散や楽しむ経験をする機会を提供し、自己を表現する場とします。場の共有によって他者との交流を図り、社会性を身に付けます。
内容 好きな曲を選曲し、スタッフが曲を入力します。一人1曲ずつ歌い、他者の歌を聞きます。
 
調理 すみれ・しゃくなげ(ひまわり)病棟
目的 自ら調理して食べるという一連の流れを通して、活動を楽しむ機会を提供します。作業能力に応じた活動を行うことにより、有能感の向上や自信の獲得を図り、自己の能力を振り返る場を設けます。
内容 各3名の小集団を形成し、調理・試食を行います。集団の形成に当たっては、作業能力の評価を事前に行った上で、能力に応じたメンバーを選定します。
 
調理 さくら・外来(ひまわり)病棟
目的 自ら調理して食べるという経験を通して、楽しみ活動を得る機会とします。活動性の向上を図り、興味・関心の幅の拡大を目指します。
内容 小集団を形成し、調理を行います。出来上がった物は試食します。
 
交流会
目的 主体的な活動参加を促します。他者との交流や共有体験等を得る機会を設けます。また、楽しみ活動を通してQOLの向上を図ります。
内容 お菓子作り等、対象者の興味関心に基づいた作業を提供し、他者と共同で活動に取り組みます。
 
茶話会
目的 日々の生活を振り返る機会とします。自身の意見や思いを患者様同士で共有することで患者様自身の自主性やエンパワメントを高めます。
内容 お茶、おかしを摂りながらテーマに基づいて意見交換を行います。

外来作業療法

機能(役割)

退院して間もない方、普段の生活に不安や生活のしづらさを抱えている方、今後の目標が明確である方、日中の過ごし方を工夫したいと考えている方をサポートします。

  • 入院中から退院後の生活が安定するまでの継続的な治療やサポート
  • 生活上の不安・課題を一緒に考え、解決する
  • デイケア・デイナイトケア・作業所に通う、就学、就労する為のステップ
  • 余暇生活の支援

また、地域リハビリのひとつとしてご利用いただけるほか、退院後も入院中と同じ場所がご利用いただけます。当院の医師・外来スタッフ・精神保健福祉士など、専門のスタッフによる複合的なサポートに加えて、関連施設である「地域生活支援センターアイ・キャン」やその他にも利用可能なサービスがあります。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

利用時間について

  • 利用時間は、急性期作業療法回復期作業療法のプログラムを参照して下さい。
  • 実施するプログラムによって時間帯が変わります。詳しくはスタッフにお尋ね下さい。

日曜・祝日、年末年始を除く平日にサービスが提供されます。
(サービス内容によって、土曜日に実施する場合もあります)

サービス内容

参加される方の目的に沿って、担当スタッフと相談の下、以下のサービスが提供されます。
場面見学などによって選択していただくこともあります。
※急性期、回復期作業療法でのサービスになり、内容も準じています。

  • 手工芸(革細工、プラモデル、編み物、裁縫、パズル、タイル細工など約80種類)
  • 調理・金銭管理・生活管理・人付き合いなどの生活技能を高める為の練習
  • 自分の病気と上手に付き合うための勉強会
  • 社会生活技能の向上(就労のステップなど)支援
  • リラクゼーション、茶話会
  • 集団で行うスポーツ(バレー、ソフト、卓球、バトミントン等)
  • 外来作業療法以外で利用できる通院のリハビリテーションプログラム

利用するまでの流れ

流れが変動する場合もありますので詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

1 OT説明(場面見学) 説明と見学を一緒に行う場合や、見学のみの場合があります。
2 主治医への相談(主治医の受診) 診察時に、参加の希望を主治医に伝えていただきます。
※OTへの参加には主治医からの指示(処方箋)が必要となります。継続利用される場合には定期的な処方が必要となりますので、期限をご確認の上、診察時にお申し出ください。
3 OT面接 詳しい利用の説明や参加予定・方法・参加目的などについて話し合います。
4 申込書の記入・提出 利用説明書を確認して頂き、申込み用紙に記入していただくようになります。コピーを利用者の方に保管して頂きます。失くさないようにお願いします。
5 OT参加

うつ病の作業療法

作業療法の援助

作業療法の役割は受容的、支持的な精神療法的関わりのもとに、作業療法を関わりの手段とし、言語を介さないことで精神的負担を軽減するといった関わりから始まります。 そして現実的な枠の中で対象者が安定し、新しい適応的人間関係を体験した後に、以前の生活や社会的地位への復帰を援助します。

早期の作業療法

『導入時』〜休息〜

作業の指示、判断を明確に示し、すべての社会的責任をはずし、今の状態は病気の状態であることを告げて、病気という自覚を持たせ、特にうつ病相では生活上の重要な決定はさせません。

『導入後』〜保護的関わり〜

うつ病は、自分で決定できなかったり、自己卑下感を引き起こしたりします。他者の評価を得ることで自己評価が決まり、他者評価に対する過剰な意識や依存が見られます。

うつ病相

作業の指示、判断を明確に示し、すべての社会的責任をはずし、今の状態は病気の状態であることを告げて、病気という自覚を持たせ、特にうつ病相では生活上の重要な決定はさせません。

提供される作業活動の要素

  • 以前になじみのあるものより、初めてのもの
  • 簡単で繰り返しのある構成的活動(精神運動抑制に応じて)
  • 組織的で実用的な活動(決断の困難さと葛藤を避ける)

関わり方

  • 短期活動で連続性を持たせる
  • 話しかける内容も簡単で分かりやすく、対象者のテンポに合わせる
  • 反応を待ちながら、相手が知覚できる速さで話しかける
  • 能力を超えた要求をしていないことを伝える
  • 決定を迫らない

回復期前期の作業療法

『現実感の回復・無理と焦り』〜受容される体験〜

大変な病相期を乗り越えたことを評価し、どのようなことでも以前との比較ではなく、今達成したことを評価することが肯定的な行動の強化になります。

提供される作業活動の要素

なじみの薄い活動
    ↓
簡単な課題の達成に合わせて活動のレベルを上げる
    ↓
徐々に病前の生活に関連した活動に移す

関わり方

関わり方

回復期後期の作業療法

『生き方の見直し』〜現実との調和〜

自分自身の行動パターンを認識できるよう導き、生活態度を変えたり、新しい楽しみを持ったりすることで、無理をしなくてもなんとか現実と調和できるようにします。

関わり

  • 休養のとり方を学ぶ
  • 何か仕事以外に趣味を見つける
  • こだわり、執着する気持ちが無理につながることを理解する
  • 徐々に援助を減らし、自立感を育てる
  • プライドを傷つけないような活動を提供する

統合失調症の作業療法

作業療法の援助

直接病理に関わる治療的介入より、統合失調症に対する作業療法の機能を生かし、本人の健康な部分に働きかける生活への適応に向けた援助が中心となります。

段階的な作業療法

準備段階 規則正しい生活

  • 睡眠を十分にとる
  • 起床、就寝、食事などはある程度時間を決める
  • 服薬の習慣をつける

第1段階 自分の身の回りのことを自分でやる(セルフケア)

  • 入浴、歯磨き、着替えなどをきちんとする
  • 配・下膳、洗濯物をたたむ。簡単な手伝いをしてもらっても良い

第2段階 楽しみながら、焦らずできることを始める

  • 今まで好きだったことを楽しく出来そうなことをゆっくりと始めてみる
  • 散歩、音楽鑑賞、簡単な買い物などが一般的
  • 疲れたら休む。以前と同じように出来なくてもがっかりしないこと

第3段階 なじみの居場所を見つけ、なじみの人とかかわる

  • デイケア・作業所などが一般的
  • 受身的でも、好きなことしかやれなくてもOK

第4段階 対人関係の技能、問題解決の技能、問題解決の方法などを練習

  • 問題解決技法やロールプレイを用いた練習
  • 少しずつ持続力をつけていく
  • 興味や関心の幅を広げ、よいところを伸ばす工夫をする

早期の作業療法

提供される作業活動の要素

積極的に何かをしたり作るというより、好きな音楽を聴く、ちょっと気晴らしに何かをしてみる、何かを強要されない場で過ごす、といったように作業をシェルターとして用います。

関わり方

  • 関わる自分を観てもらう時間的ゆとりを提供する
  • 心配と関心を持ってそばにいることを伝える
  • 急がない、焦らない
  • 少し支えたり、判断を助けるなど母性的な関わりが主体である
  • ベッドサイドであれば、声かけから
  • 対象者の精神内界に不用意に入り込まない適度な心理的距離を保つ

《現実への移行》身体感覚の回復

提供される作業活動の要素

  • 新しい知識や技術、作業遂行時に判断を要さないもの
  • 活動の進行度や結果までの手順が明確
  • 適度な繰り返しとリズムをもつ

関わり方

  • 作業活動にともなうリズムや身体感覚を少しずつ自覚できるように、作業をセラピストと共にすることによって生まれる共有感覚を生かして働きかける

早期の作業療法

提供される作業活動の要素

積極的に何かをしたり作るというより、好きな音楽を聴く、ちょっと気晴らしに何かをしてみる、何かを強要されない場で過ごす、といったように作業をシェルターとして用います。

関わり方

  • 関わる自分を観てもらう時間的ゆとりを提供する
  • 心配と関心を持ってそばにいることを伝える
  • 急がない、焦らない
  • 少し支えたり、判断を助けるなど母性的な関わりが主体である
  • ベッドサイドであれば、声かけから
  • 対象者の精神内界に不用意に入り込まない適度な心理的距離を保つ

《現実への移行》身体感覚の回復

提供される作業活動の要素

  • 新しい知識や技術、作業遂行時に判断を要さないもの
  • 活動の進行度や結果までの手順が明確
  • 適度な繰り返しとリズムをもつ

関わり

  • 作業活動にともなうリズムや身体感覚を少しずつ自覚できるように、作業をセラピストと共にすることによって生まれる共有感覚を生かして働きかける

回復期前期の作業療法

提供される作業活動の要素

  • 自分が使用するもの、自分の身の回りのものを作る
  • 作った作品に名前を入れる
  • 他者を手伝う、ひとと共同して何かを達成する(共有体験)
  • 自分が作ったものをプレゼントする(愛他的体験)

関わり

  • ひとと遊んだり作業を共にする設定を行う中で自然に交わされる会話から、自分と同じような苦しみを体験している人がいることを知ってほっとしたり(普遍的体験)、自分のしたことが喜ばれる体験(愛他的体験)の積み重ねが、自分を受け入れる(自己受容、自己尊重)ことにつなげていく

ご質問・ご相談などは お気軽に総合相談支援室へ

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで
あさかホスピタルの特色
リハビリテーション
作業療法
言語聴覚療法
デイケアセンター「イルマーレ」
重度認知症デイケア