あさかホスピタル  | あさかホスピタルのご紹介

病棟のご案内

本館・A棟 - D棟の5つの建物からなる病棟をご案内します。
その中でも、特に特徴的な施設を詳しくご紹介しています。

病棟
院内を写真でご紹介します

特徴的な施設

精神科救急入院料1「プレッソ」

昼夜を問わず、迅速に対応します。

緊急入院可能な病棟を設け、救急患者さまの受け入れに対して積極的に取り組んでおります。 「通院患者さまの状態急変」はもとより、「これまで受診をされていなかった方」「他の医療機関に通院中で緊急の入院が必要になった方」「行政機関」などの要請に広くお応えできる体制です。

認知症治療病棟入院料1「ふじ」

さまざまな治療法の組み合わせで対処。

認知症の高齢者の情緒の安定化、残存能力の活発化を図りながら、認知症による問題行動(せん妄、徘徊、暴力など)を改善し、安定した日常生活を回復させるため、さまざまな治療法を組み合わせて対処しております。さらに、外来部門に「もの忘れ外来」を設置し、認知症の鑑別診断はもとより、ご家族への啓蒙を通して、心理的負担の軽減、さらには認知症の早期発見により、進行を抑えるうえで大きな役割を果たしております。

リハビリテーションセンター「ソーレ」

回復の度合いにより調整を行うリハビリを。

急性期のストレス障害の方には、「リラクゼーションなどによる適切な心の持ち方」「創作活動やスポーツによるストレスの発散」「グループ活動による不安気分の相互理解」など、ふたたび自分らしい生活に戻られるためのお手伝いをいたします。自閉症など発達障害の方や、そのご家族への支援も行います。発達障害のリハビリテーションでは、作業療法士や言語聴覚士が"楽しく、目的のある遊び"を治療に取り入れ、成長のお手伝いをさせていただきます。

デイケアセンター「イルマーレ」

多彩な目的別プログラムが集結。

精神科疾患を有する方々を対象に医師の指示及び十分な指導・監督のもとで、作業療法士・看護師・准看護師・精神保健福祉士・心理士・栄養士等の各専門職スタッフによる『機能別デイケアプログラム』を展開し、再発、再入院の防止はじめ生活リズムの調整や人との付き合い方等の社会生活適応訓練を行い自信の回復、地域での生活の質の向上をめざしています。

また、『NPO法人アイ・キャン』『コムニタあさか』等の関連事業所との連携を図り、チームアプローチによる地域に向けた統合的な心理社会的プログラムにより地域生活のサポートを行っています。

医療法人 安積保養園あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[小児科]※火・木・土曜午後休診

初診・再診とも、午前 11:30まで、午後 16:00まで

※健診・予防接種は完全予約制

[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで
あさかホスピタルのご紹介
院長あいさつ
基本理念と使命
沿革
病院概要
病棟のご案内
統計
高度医療
業務機構図(チーム制)