あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。

「郡山市エコ・オフィス 省エネ1年コース」  認定!!

2015年04月04日

あさかホスピタルが郡山市エコ・オフィス認定事業の二酸化炭素排出量削減の取り組みについて認定証をいただきました。

20150318134935.jpg

暑い夏!!熱い夏!!NPO法人アイ・キャン施設長 精神保健福祉士 安西里実

2014年07月31日

 今年の夏、連日の猛暑で息をするのもやっとという中、私の中学3年の息子は、夏休みは毎日、駅伝の朝連、そして野球の練習にと(大量の)汗を流し、先日行われた中学野球最後の大会で「優勝!!」、有終の美を飾ることができました。


 息子が野球を始めたのは小学2年生の時でした。それからというもの「週末は野球」の生活となり、その後、産まれた下の子は、赤ちゃんの時から週末のおでかけはグラウンド。5歳になった今では、「早く野球に行こう!!」と自ら言うくらい、自然なことになっています。その間、東日本大震災による原発事故で、屋外で思うように練習ができなくなったりと困難なことはありましたが、チームメイトと共にボールを追うひたむきな姿は、見ているこちら側を元気にしてくれ、私もすっかり息子の「おっかけ」と化しました。


 それだけはまってしまうのは、当然、息子の頑張る姿を見たいという親心からですが、チーム一丸となって勝利を目指し、勝っている時もピンチの時も声掛けあって、励ましあっている子供たちの「チーム力」、そしてそれぞれが自分の役割を果たし勝利をつかむ「連携プレイ」に魅せられてしまうのです。


 医療や福祉、地域支援においても多職種チームによる支援や連携はとても重要です。当事者1人1人の生活をサポートするために、部署内は当然ですが、部署間、機関間でもポジティブに声掛け合いながら、「チーム力」を高め、「連携プレイ」でメンバーの目標達成のお手伝いをしていきたいと思います。

「介護教室について」精神保健福祉士 伊藤 麻菜美

2014年05月19日

 私が勤務している介護老人保健施設啓寿園では、年に何回か利用者様の在宅復帰を目指しご家族向けの介護教室を開催しています。毎回テーマは異なるのですが、今回は啓寿園のリハビリスタッフによるご家族向けの転倒予防教室行いました。なぜ、転倒が危険なのかといった講義と、実際にストレッチを行う実技とを行い、参加された皆様には真剣に取り組んでいただきました。
ストレッチをして体がほぐれたからか、ご家族同士の話も弾み自身の健康に対しての不安を話したり、心配事をスタッフへ相談する方もいらっしゃいました。日ごろ気になっていること、悩んでいることを誰かと共有したり、専門スタッフと話すことで安心でき、ご家族の皆様には穏やかな雰囲気の中すごしていただけたように感じました。


 このような、ご家族の方を対象とした教室が皆さんのお住まいの地域や、病院でも開かれていることをご存知ですか?


 初めは「行きづらいなぁ...」といった気持ちを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、新しい知識を得られたり、交流のきっかけとなるかもしれません。もし、掲示板や広報等で気になるものを見つけえましたら、"勉強会デビュー"してみてはいかがでしょうか?

増税どうですか?精神保健福祉士 井上 綾乃

2014年04月22日

とうとう4月1日から消費税率が8%に引き上げられました。ニュースでは"駆け込み需要"の話題が世間をにぎわせていましたね。私も税率が上がる前に!と購買意欲が高まり、日用品など必要となるであろうものをいろいろと購入しました。みなさんのなかには、住宅や車、家電など大きなお買い物をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そして今、私はまだ増税の実感がないまま過ごしております。1ヵ月たって家計簿を眺めて愕然とする...なんて事態になるかもしれません。


 さて、そんな消費増税の影響が大きい家計の負担軽減策として、国が臨時給付金を支給することになりました。住民税非課税世帯が対象の「臨時福祉給付金」、児童手当の受給世帯が対象の「子育て世帯臨時特例給付金」の2種類です。ただ、詳しい申請・支給手続きについては現在準備中で、早くて6月以降になるようです。今後、対象となる方は、市町村の広報、ホームページなどを時々チェックしてみてくださいね。

大雪の日の嬉しい出来事ケアワーカー 室井八重子

2014年03月24日

皆さんにはこのような経験に遭遇した方はいますか?

2月のある朝、娘から体調が悪いと連絡があり、看病のため娘宅へ車で向かいました。朝食、昼食と作り終え、自宅に帰ろうと駐車場に行ったら、大雪で車が走ることができなかったのです。とりあえず、雪を取り除かなければと思いながら、スコップなどはなく、スノーブラシだけ...。あとは手を使いながら少しずつ取り除いていました。この時は不安と孤独の戦いでした。


すると、近くに通りかかった小学生の女の子二人が無言のまま、私の所へ来て、冷たい手をこすりながら、一生懸命素手でタイヤ周りの雪を取り払い始めてくれたのです。その姿を見て申し訳ないと思い、「ごめんね、手冷たいでしょ。大丈夫だよ。風邪ひいたら大変。」と何度も声をかけましたが、「おばさん、もう少しだよ」と言って、結局車が出るまで手伝ってくれました。お礼を言って、車の窓越しに何度も頭を下げ、無事自宅に帰ることができました。


「人助け」なんて、大人は頭で思っていても、小さいことなら見て見ぬふりをしてしまうかもしれません。けれども、私を助けてくれた女の子たちは、素直な気持ちで私の所に来たのでしょう。


本当にありがたいと思いましたし、助けてくれた女の子たちは将来素敵な大人になるんだろうと思った一日でした。

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも
午前 11:30まで
午後 16:30まで(1・3・5週)
午後 18:00まで(2・4週)
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも
午前 11:30まで
午後16:30まで

スタッフブログ