あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。
毎日の出来事や、コメディカルの取り組みなどをつづっています。

縁側に出て桜餅?放射線グループ   遠藤 昌明(診療放射線技師)

2019年06月20日

 診療放射線技師って、「息吸って~」みたいなレントゲン撮る人のイメージが強い職業ですが、今では月9のドラマで、主人公が天才診療放射線技師、そして放射線科が舞台のドラマというちょっと世間の人々にも認知してもらえる職業になってきたのでしょうか?


実際の放射線技師って、どんな人? う~ん、では、ある平凡な放射線技師のお話を・・・。


 田舎育ちの彼は、都会で技師になるための学校に通い始めます。重たい教科書、目的地で降りられない満員電車、実験とレポートの嵐。まぁ、何とか卒業し、大学病院での勤務が決まります。人見知りであがり症の彼は、初めての放射線科教授との顔合わせで、こんな質問をされます。『君たちはどんな技師になりたくて、大学病院をうけたんだね?』新人5人が端から答えます『CTやMRを勉強したいです』『学会発表がしたいです』『最先端の医療を学びたいです』新人が答えそうな模範解答ですね! そこで、彼の番が...『あっ、あの、ひっ、、人にやさしい放射線技師になりたいです』。 教授は技師長と顔を見合わせ、『大学病院に入って?まぁ、50人も技師がいるから、一人ぐらいはいいですかねぇ。』と、苦笑い。
 放射線技師に限らず、新人って覚えることが多いですよね。しばらくは仕事を覚えるのに大変な時期もありましたが、こんな彼でも何とか頑張って、一人前?の技師になったんです。
 

 それから10数年、彼は地元の病院にいました。仕事は余裕をもってこなせるようになり、流れ作業のように仕事をする日々。そんなある日、20分ぐらいじっとしていなければならない検査で『足が痛くて、ちょっと無理』という患者さんが。数年前から顔を合わせると挨拶を交わす程度の方でした。どうすれば我慢できるかを聞くと、足の裏をマッサージしてもらうと少しは大丈夫との事。ならば、と15分マッサージをして検査は無事に終了。
 数日後、同じ職場の職員さんがお礼を言いに来てくれました。その患者さんは、職員さんの旦那さんだったのです。その後も何度か検査で会うこともありましたが、数か月後には職員家族の訃報の知らせという形で、お亡くなりになったことを知りました。告別式のあと奥様に、技師さんにはよくして頂いたと、ご主人が話されていたことを聞き、涙が流れました。
 そんな折、新人時代に聞かれた質問を思い出し、これからも変わらずに、責任を持った仕事をすることを固く決意したようです。


 そして現在、精神科の患者さんにも質の高い画像診断を提供できるように、『人にやさしい放射線技師』をモットーに、縁の下の力持ち(タイトル...間違えた)として仕事をしていければと思う、今日この頃です。

出会いと別れ安積地域包括支援センター 細川 賢恵(社会福祉士)

2019年06月03日

長く地域包括支援センターで仕事をさせてもらい、様々なたくさんの出会い、そして別れがあります。
その別れの中で印象に残っている別れがあります。


ある「ガン」と宣告されたお父さん。もう数カ月の余命。病院にいたくないと自宅で過ごすことになり支援をさせていただきました。
訪問看護師さんにもお世話になりながら、なかなか頑固なお父さんにてこずるお母さん。「昔から私の言うことなんか聞かない人」そう言いながらのお世話。看護師さんの言うことも聞かなかったこともありました。徐々に、病状が悪化していきました。


そんなある日、私は、お父さんに「お母さんのことどう思っていますか?」と思い切って聞いてみました。もう最期が目の前に来ていることを察しているのかお父さんが一言。「あいつには感謝しかない。」とお母さんを見つめて言いました。その言葉を離れた所で聞いていたお母さんは「初めて聞いた。感謝だなんて...。」と涙を流していました。
数日後お父さんは旅立ちました。訪問看護師さんに、一番お気に入りの浴衣を着せてもらって。大好きなタバコを枕元に。そんな姿を見てこの家で一緒に過ごせてよかったとお母さんは笑顔でした。
支援者として関わることになり、何もすることができないともどかしさを感じることもありました。でも、少しでもお父さん、お母さんの気持ちに寄り添うことができたのかなと、お母さんの笑顔を見てそう感じました。


このご夫婦と出会い、感謝の気持ちの大切さ、そして寄り添うことの大切さを学ぶことができました。これからも、寄り添える支援者でありたいそう思っています。

「今」を楽しむさくまメンタルクリニック 遠藤寛子(精神保健福祉士)

2019年04月19日

開成山の桜も満開になりました。
毎年この時期になると家族で「せせらぎこみち」を通って開成山大神宮まで歩いていきます。安積疎水から流れてくるきれいな水、季節の花木が咲いていて心が和みます。
先日は気温も暖かく散歩日和でした。水路にアメリカザリガニがいるのを見つけて子供達もはしゃいでいました。
犬の散歩をしている人、ウォーキングをしている人、軽く挨拶を交わしたり...そんなひとときが「ほっこり」します。


さてさて目的地まで到着。我が家のお目当ては「桜」!ではなく「源平だんご」です。まさに「花よりだんご」。お店に入り今年は何にしようかな~「みたらし?ずんだ?ごま?」でもやっぱり「こしあん」が一番。ずんだ&こしあんを購入し、お花見もそこそこに来た道をまた戻ります。往復で歩くとけっこう良い運動になります。日頃の運動不足を痛感(笑)。


太陽の光、風の匂い、空の色、きらきら輝く水
「今」「この瞬間」を五感を使って感じる
「今を楽しむ」


慌ただしい生活の中で、どこか自分を抑制し、周りの評価を気にして頑張り過ぎていませんか?そんな状態が続くと心が疲れてしまいます。
細かいことを気にしない、余計な気遣いを減らす。相手に向けている意識を自分に向けて「今」の素直な気持ちや感情を大切にすることを心掛けています。それが心とからだのリラックスにつながるのではないかと思います。
みなさんも「今」を楽しんでいますか?ぼーっとしたり、活動したり、思いのままに過ごしてみるもの良いのではないでしょうか。

「お財布」介護老人保健施設 啓寿園  大友 一恵(支援相談員)

2019年03月20日

先日、思わぬ臨時収入があり財布を新調した。


5年使った財布は札入れが2つ、小銭入れも2つあって家計を支える主婦にとってはとても使い勝手が良かったが、ファスナーのチャックが千切れてみすぼらしくなったことが購入の要因になった。ちまたでは春に買った財布は"財布が張る"ということで縁起の良い物らいしいが、思い返してみると私の人生は財布にまつわるエピソードが多い。
 
学生時代、23時までスーパーのレジ打ちのアルバイトをし、自分へのご褒美に海外ブランドの物を買った。田舎育ちの私にとってブランド物を持つことは一種の大人の仲間入りを証したように思え、憧れや自分で頑張って買った物という愛着があった。

しかし残念なことに、就職後、車上荒らしに遭い自分の所には返ってこなかった。その時は、財布の他にも家の鍵や携帯電話など大事な物をほとんど盗まれてしまったため、以降は肌身離さぬよう、子供用のとなりのトトロに出てくる猫バスのコインケースを使っていた。

でもさすがに20代の大人が子供用の物を使っているのが恥ずかしくなり、新しい財布を買った後、車上荒らしで親身になってくれた夫と結婚することができた。その財布は白色で使いやすかったが、ほかの色が付いてしまったため、5年前にオレンジ色の財布に変えた。そしたら2人目の娘を妊娠する。風水で調べてみると白い財布は結婚、オレンジ色はエネルギッシュになるらしい(笑)。
 
そんなこんなで、今回購入した財布は黄色-。

今の時代何かとお金がかかる。私も縁起を担ぐ年になったのかと考えるとちょっと笑える。


最近娘達もお手伝いをしてくれるようになり、お駄賃を貯めて自分達で財布を買う年になった。二人とも我こそはとお手伝いの奪い合いをし、10円玉をおねだりしてくる姿が微笑ましい。親としてもいっぱいお駄賃をあげられるよう、お母さん頑張らなきゃと思う今日この頃である。

私の最近あった「良かったこと」総合相談支援グループ 山田 茄奈(精神保健福祉士)

2019年02月25日

寒い日が続いていましたが、だんだん春の兆しが見え始めましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?今回は、私の最近あった「良かったこと」を書きたいと思います。


昨年から、家でハムスターを飼い始めました。白と茶色で、両手の平に納まるくらいの大きさです。昼間は綿の布団にくるまっていつも眠っているのですが、夜になると活動的でゲージの中を走り回り、元気いっぱいのハムスターです。


最近、そんなハムスターが、ゲージから脱走するという大事件が起きたのです。どこから脱走したのか分からないのですが、ゲージの中を探してもおらず絶望的な気分でした。
ハムスターの気持ちになって家の中を探しまわりましたが、中々見つからず、数日が経過しました。


ある日、「今日はもう探すのをやめよう」と思い、諦めようとしたその時、ふと洗濯機と壁の間を見てみると・・・ホコリまみれになったハムスターがいたのです...!!

こんなに小さなハムスターがご飯も食べず水も飲まず数日間過ごしていたのかと思うと、早く見つけてあげられず申し訳ない気持ちもありましたが、なにより無事に元気な姿で見つけることができて、とても安心し、心から「良かった」と思いました。

その後、日常生活の中には「良かったこと」がたくさんあるなと思うようになりました。ハムスターが元気に遊んでいる姿を見た時、美味しいご飯を食べた時、人の笑顔を見た時、、、


皆さんも時々、「良かったこと」を探してみてください。
どんなに小さなことでも良かったことを見つけると、ホッとして、少し幸せな気持ちになれるかもしれません。

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで

スタッフブログ