あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。
毎日の出来事や、コメディカルの取り組みなどをつづっています。

コメディカルのちょっといい話

「お財布」介護老人保健施設 啓寿園  大友 一恵(支援相談員)

2019年03月20日

先日、思わぬ臨時収入があり財布を新調した。


5年使った財布は札入れが2つ、小銭入れも2つあって家計を支える主婦にとってはとても使い勝手が良かったが、ファスナーのチャックが千切れてみすぼらしくなったことが購入の要因になった。ちまたでは春に買った財布は"財布が張る"ということで縁起の良い物らいしいが、思い返してみると私の人生は財布にまつわるエピソードが多い。
 
学生時代、23時までスーパーのレジ打ちのアルバイトをし、自分へのご褒美に海外ブランドの物を買った。田舎育ちの私にとってブランド物を持つことは一種の大人の仲間入りを証したように思え、憧れや自分で頑張って買った物という愛着があった。

しかし残念なことに、就職後、車上荒らしに遭い自分の所には返ってこなかった。その時は、財布の他にも家の鍵や携帯電話など大事な物をほとんど盗まれてしまったため、以降は肌身離さぬよう、子供用のとなりのトトロに出てくる猫バスのコインケースを使っていた。

でもさすがに20代の大人が子供用の物を使っているのが恥ずかしくなり、新しい財布を買った後、車上荒らしで親身になってくれた夫と結婚することができた。その財布は白色で使いやすかったが、ほかの色が付いてしまったため、5年前にオレンジ色の財布に変えた。そしたら2人目の娘を妊娠する。風水で調べてみると白い財布は結婚、オレンジ色はエネルギッシュになるらしい(笑)。
 
そんなこんなで、今回購入した財布は黄色-。

今の時代何かとお金がかかる。私も縁起を担ぐ年になったのかと考えるとちょっと笑える。


最近娘達もお手伝いをしてくれるようになり、お駄賃を貯めて自分達で財布を買う年になった。二人とも我こそはとお手伝いの奪い合いをし、10円玉をおねだりしてくる姿が微笑ましい。親としてもいっぱいお駄賃をあげられるよう、お母さん頑張らなきゃと思う今日この頃である。

私の最近あった「良かったこと」総合相談支援グループ 山田 茄奈(精神保健福祉士)

2019年02月25日

寒い日が続いていましたが、だんだん春の兆しが見え始めましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?今回は、私の最近あった「良かったこと」を書きたいと思います。


昨年から、家でハムスターを飼い始めました。白と茶色で、両手の平に納まるくらいの大きさです。昼間は綿の布団にくるまっていつも眠っているのですが、夜になると活動的でゲージの中を走り回り、元気いっぱいのハムスターです。


最近、そんなハムスターが、ゲージから脱走するという大事件が起きたのです。どこから脱走したのか分からないのですが、ゲージの中を探してもおらず絶望的な気分でした。
ハムスターの気持ちになって家の中を探しまわりましたが、中々見つからず、数日が経過しました。


ある日、「今日はもう探すのをやめよう」と思い、諦めようとしたその時、ふと洗濯機と壁の間を見てみると・・・ホコリまみれになったハムスターがいたのです...!!

こんなに小さなハムスターがご飯も食べず水も飲まず数日間過ごしていたのかと思うと、早く見つけてあげられず申し訳ない気持ちもありましたが、なにより無事に元気な姿で見つけることができて、とても安心し、心から「良かった」と思いました。

その後、日常生活の中には「良かったこと」がたくさんあるなと思うようになりました。ハムスターが元気に遊んでいる姿を見た時、美味しいご飯を食べた時、人の笑顔を見た時、、、


皆さんも時々、「良かったこと」を探してみてください。
どんなに小さなことでも良かったことを見つけると、ホッとして、少し幸せな気持ちになれるかもしれません。

「睡眠時無呼吸症候群」をご存知ですか?     臨床工学グループ 小木 次男(臨床工学技士)

2019年01月10日

最近、睡眠時無呼吸症候群という病名をよく耳にします。"二十一世紀の国民病"とも言われるこの睡眠時無呼吸症候群、一体どのような疾病なのでしょうか?
簡単に言ってしまえば「睡眠時」...眠っている時に、「無呼吸」...呼吸が止まる、「症候群」...疾病となります。
これは何らかの理由により、鼻口と肺とを結ぶ気道の一部(主に上気道、鼻口の奥)が塞がってしまい、肺へ空気が届かなくなってしまう事から呼吸が数秒から数十秒の間止まってしまう病態です。
皆さんの中、又は周りの方々の中に次のような症状......思い当たる節はありませんか?


「寝起きが悪く、どうもスッキリと起きられない!」
「きっちり寝ているはずなのに、日中眠くて仕方がない時がある!」
「物事に集中できず、ボーッとしてしまう!」
「ほぼ毎晩いびきをかく!」
「夜中、頻繁に呼吸が止まる。又はそれを指摘された事がある!」
「夜中、トイレでもないのに頻回に目が覚める!」


どうでしょう? 心当たりはありませんか?


さて、この睡眠時無呼吸症候群の原因(気道の一部が塞がってしまい......)として最も多く挙げられるのが肥満です。実際、男性肥満者の42~48%、女性肥満者の8~38%の方が睡眠時無呼吸症候群に罹患しているといったデータも挙げられています。
この他に"首が短く太い!""あごが小さい!"なども原因として挙げられ、症状として先程挙げた"いびき!"などは、睡眠時無呼吸症候群の典型的な病態と言えます。
また、睡眠時無呼吸症候群が原因となり、高血圧や心臓病(心筋梗塞など)脳梗塞などのいわゆる成人病が引き起こされるケースが多々あります。
睡眠時無呼吸症候群に罹患されてる方とそうでない方を比較した場合、睡眠時無呼吸症候群に罹患されてる方の成人病発生率は、睡眠時無呼吸症候群に罹患されてない方の数倍もの発生率があり、これも見過ごす事の出来ない大きな要因です。


睡眠時無呼吸症候群を調べる検査......これはとても簡単なもので痛み等も一切ありません。
腕時計位の大きさ(本当に腕時計みたいです!)の検査器械を一晩装着して戴き、血液内の酸素の状態(割合)や呼吸数を測定します。
思い当たる節がある方は、一度ご相談ください。

年賀状リハビリテーションセンターソーレ 松崎 昇子(作業療法士)

2018年12月20日

今年も残すところわずかとなりました。みなさんは年賀状の準備はお済ですか?
私は準備が遅くなってしまい、現在作成中です。


先日、職場で年賀状の話題になったときに、年賀状のみの付き合いの人がいるという話を聞きました。仲が悪いわけでもなく、仲が良いけど日頃メール等のやり取りもなく、遠くに住んでいるため、ほぼ会う機会もない。だけど毎年、年賀状でお互いの近況報告をして、そこからメール等で久しぶりに連絡を取り合うこともある、と言うお話でした。


年賀状を送ることでなかなか連絡を取らない人でも、年に一度の近況報告から連絡を取ることに繋がることや、年賀状で縁がきれずに、なにか機会があった時には気軽に連絡がとれる関係が続けられること等、思っていた以上に年賀状はとても便利で有意義な物であるかもしれないと気付けた会話でした。


世間では「来年から年賀状のやり取りを辞退します」と宣言する終活年賀状が話題になっているそうです。私も以前は年末の忙しい時期に年賀状の準備も大変という認識でしたが、今回の会話で年賀状の魅力に気付くことができました。せっかくの年賀状なので、今年はなかなか連絡を取らない人達に近況報告と何か一言を書き加えようと思っています。


みなさんも年賀状を有効活用して、連絡を取る機会がない人に近況報告してみてください。

趣味とリフレッシュNPO法人アイ・キャン  吉田真也(精神保健福祉士)

2018年11月22日

 私はここ数年、趣味というものをなかなか見つけられずに過ごしてきました。そんな私が今年になり、ようやく見つけることが出来た趣味が「キャンプ」です。


 ふとしたきっかけで興味を持ち、道具を一式揃えるところからスタート。数回ですが、実際にキャンプへ行きました。今月も上旬に1回行き、あまりの寒さに、秋・春キャンプ用のストーブの購入をしなければ!と思っているところです。季節を問わず、長く続けられそうな趣味をやっと見つけることができました。


 仕事などで心身疲れた状態でキャンプへ行き、そこで大自然に癒されてきます。何をするわけでもなく、夏は海や湖の水の流れをみて。秋は紅葉を見てボーっとします。そして夜になると焚火をし、火や星空を見て過ごす。朝起きてコーヒーを淹れ、静かな自然の中で飲む。それが今の私にとっての最高のリフレッシュ方法になっています。


 皆さんの趣味やリフレッシュ方法はなんでしょう?仕事はもちろん大切ですが、それだけでは疲れてしまいますよね。趣味を活かして適度にリフレッシュしていきましょう!

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで

スタッフブログ