あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。
毎日の出来事や、コメディカルの取り組みなどをつづっています。

〇〇の秋デイケアセンター 精神保健福祉士 山下陽平

2017年09月20日

9月になり少しずつ昼と夜の寒暖差を感じるだけではなく、時々香る金木犀や心なしか澄んだ空に出会うといよいよ秋の季節がやってきたのだと感じます。

 そしてこの季節がくると、必ずと言っていいほど「〇〇の秋」といういつから言われるようになったかわからない謎のフレーズが現れてきます。かく言う私もこのフレーズにあやかって趣味の登山と読書の量が増える傾向にあるのです。

 先日、なぜ登山と読書が好きなのか聞かれる機会がありましたが、そこで私は上手く答えることができませんでした。しかし、自分と向き合って文字におこしてみると私なりにしっくりときたので載せたいと思います。

 まず登山は一歩一歩時間をかけながら登り、道中で出会う見たこともない植物や景色、そして頂上に登った時や降りたときのなんとも言えないあの達成感が魅力だと思っています。ちなみに最近登山をした時に「アサギマダラ」という2,000kmもの距離を移動する蝶と、その蝶について無知だった私に魅力を教えてくれた親切な方と出会うことができました。
 何よりこれから紅葉の季節がやってきますので、登る大変さをいとも簡単に忘れさせてくれるものがたくさん待っていることでしょう。

 次に読書は、特に小説ですが、物語の世界を知っていくことや中に入り込める楽しさが魅力だと思っています。それだけではなく、元々自分の中にはあるけれど、忙しさや効率性を求める現代社会の中で忘れていた感覚や表現を思い出させてくれるものにもなっているように感じています。
 これからの季節は冬に向けて雨が多くなってくる日でもありますので、部屋にこもる日は静かに小説の世界と自分の感覚や表現に浸れる時間になることでしょう。

 このように二つの趣味の魅力について考えていると、不思議と共通して見えてくるものがありました。もちろん秋が来る度により魅力を感じるからということもあるのですが、何より便利な世の中とは真逆に進んでいるようであり、自分のペースで時間をかけながら味わえることが共通しているのではないかと思います。

 登山で言えば、普段私たちは高い建物を登る時は大抵エレベーターといったように機械を頼りますが、その建物よりも遥かに高いところを自分の力で一つ一つ登っていくことの凄さを味わうこと。読書で言えば、普段TVや動画で簡単に物語を知ることができますが、一行一行を読み自分の揺れ動く感情を発見しながら世界が進んでいく感覚を味わうこと。

 私の場合、たまたまこれからの季節でより魅力を感じる趣味となりましたが、皆さんの好きなことや趣味はどんなことでしょうか。忙しい毎日にふと立ち止まって魅力や共通しているものを考えてみると、より味わい深くなるのではないでしょうか。

コメントする(は必須項目です)

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで

スタッフブログ