あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。
毎日の出来事や、コメディカルの取り組みなどをつづっています。

「睡眠時無呼吸症候群」をご存知ですか?     臨床工学グループ 小木 次男(臨床工学技士)

2019年01月10日

最近、睡眠時無呼吸症候群という病名をよく耳にします。"二十一世紀の国民病"とも言われるこの睡眠時無呼吸症候群、一体どのような疾病なのでしょうか?
簡単に言ってしまえば「睡眠時」...眠っている時に、「無呼吸」...呼吸が止まる、「症候群」...疾病となります。
これは何らかの理由により、鼻口と肺とを結ぶ気道の一部(主に上気道、鼻口の奥)が塞がってしまい、肺へ空気が届かなくなってしまう事から呼吸が数秒から数十秒の間止まってしまう病態です。
皆さんの中、又は周りの方々の中に次のような症状......思い当たる節はありませんか?


「寝起きが悪く、どうもスッキリと起きられない!」
「きっちり寝ているはずなのに、日中眠くて仕方がない時がある!」
「物事に集中できず、ボーッとしてしまう!」
「ほぼ毎晩いびきをかく!」
「夜中、頻繁に呼吸が止まる。又はそれを指摘された事がある!」
「夜中、トイレでもないのに頻回に目が覚める!」


どうでしょう? 心当たりはありませんか?


さて、この睡眠時無呼吸症候群の原因(気道の一部が塞がってしまい......)として最も多く挙げられるのが肥満です。実際、男性肥満者の42~48%、女性肥満者の8~38%の方が睡眠時無呼吸症候群に罹患しているといったデータも挙げられています。
この他に"首が短く太い!""あごが小さい!"なども原因として挙げられ、症状として先程挙げた"いびき!"などは、睡眠時無呼吸症候群の典型的な病態と言えます。
また、睡眠時無呼吸症候群が原因となり、高血圧や心臓病(心筋梗塞など)脳梗塞などのいわゆる成人病が引き起こされるケースが多々あります。
睡眠時無呼吸症候群に罹患されてる方とそうでない方を比較した場合、睡眠時無呼吸症候群に罹患されてる方の成人病発生率は、睡眠時無呼吸症候群に罹患されてない方の数倍もの発生率があり、これも見過ごす事の出来ない大きな要因です。


睡眠時無呼吸症候群を調べる検査......これはとても簡単なもので痛み等も一切ありません。
腕時計位の大きさ(本当に腕時計みたいです!)の検査器械を一晩装着して戴き、血液内の酸素の状態(割合)や呼吸数を測定します。
思い当たる節がある方は、一度ご相談ください。

コメントする(は必須項目です)

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで

スタッフブログ