あさかホスピタル

スタッフブログ

あさかホスピタルのスタッフがお届けするブログです。
毎日の出来事や、コメディカルの取り組みなどをつづっています。

自分の対処法NPO法人アイ・キャン 成田 浩介 (精神保健福祉士)

2019年08月19日

自分にとってどうにか解消したい感情があるとき、皆さんはどうしていますか?
私はその対処がとっても苦手です・・・ただただ我慢したり、はたまたお菓子を沢山食べたり・・・選択肢も少ないです。
そんな私には2人の息子がいます。次男はまだ生まれたばかりです。
次男の出産を頑張ってくれた妻が、そのまま1週間ほど入院となりました、その時の話です。


長男にとっておそらく人生最大の試練がやってきました。彼はママが居ない夜を知りません。実は周囲の大人(自分、義理の両親)もこのことをずっと心配していました。いったいどう乗り越えるのだろうか・・・


初日の夜。寝てくれません。「ママのところに行く」と・・・そりゃそうですよね。ママのところには行けないということを、自分と義理の母でじっくりと説明しました。頭の中では理解した様子でしたが、どうにもならない想いで、「恐竜のDVDを見る」との希望。自分たちはとことん付き合おうと覚悟を決めました。

その日は結局みんなで力尽き、居間で寝ました。


次の日、私と長男は病院へ一緒に面会に行きました。弟にも対面し、ママにも再会。長男は輝くほどの笑顔をみせました。
そしてその日の夜。また大人はひやひやしていましたが、いざ寝るとなると、拍子抜けするほどスムーズに寝てしまいました。
おそらく、ママが入院している状況や意味を彼なりにある程度は理解したのでしょう。また、普段は受け入れられないようなわがままを好きなだけ言いまくっていたのも良かったのかもしれません。


それから数日間、毎日一緒に病院へ面会に行きました。

面会4日目、それまでは帰るときに泣く事はなかった彼が、この日の帰り際に初めて泣きました。我慢したままではなく、やっと自然な感情を表わすことができたことに私も周囲も安心しました。


ママと次男の退院後も、長男のわがままぶりは残ってしまいましたが、みんなで元気に生活しています。

私は今回のことを乗り越えた彼を誇りに思います。小さいながらに色んな対処をしていました。すごいです。私も「対処法」頑張らなくてはと思った出来事でした。

コメントする(は必須項目です)

社会医療法人あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで

スタッフブログ