NPO法人 アイ・キャン

共同生活援助事業 ビータ

障がいをお持ちの方を対象に、創作的活動や自分らしい生活の実現を支援するところです。
また、地域住民の方を対象に、ボランティアの育成等をしていきます。

  • 主なサービス内容
  • ご利用までの流れ

主なサービス内容

外部サービス利用型共同生活援助

地域で共同生活を営むのに支障がない障がい者に対して、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において、相談その他の日常生活上の援助を行います。

【入居定員】

安積地区 南長久保101 4名
南長久保106 6名
安積103 3名
安積104 6名
安積105 6名
安積201 5名
安積203 6名
安積204 3名
安積301(サテライト型) 1名
希望'98 9名
中ノ渡戸102 7名
あさか台 4名
菜根地区 菜根107 6名
菜根108 7名
本宮(旧白沢村)地区 カサーレ 6名

【支援スタッフ】
サービス管理責任者、世話人が入居者の生活をお手伝いいたします。

  • ささがわヴィレッジ1

  • ささがわヴィレッジ2

  • ささがわヴィレッジ室内

  • 食事のお手伝い

共同生活援助(介護サービス包括型)

共同生活を営むべき住居に入居している障がい者に対して、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において行われる、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯又は掃除等の家事、生活等に関する相談又は助言、就労先その他関係機関との連絡その他必要な日常生活上の支援を行います。

【入居定員】

安積地区 ささがわヴィレッジⅠ-1 6名
ささがわヴィレッジⅠ-2 6名
ささがわヴィレッジⅡ-1 6名
ささがわヴィレッジⅡ-2 6名
ラチッタ ド 10名
ラチッタ レ 10名
ラチッタ ミ 10名
ラチッタ ファ 10名
南長久保202 5名
安積301(サテライト型) 1名

【支援スタッフ】
サービス管理責任者、世話人、生活支援員(障害程度区分に応じて設定)が入居者の生活をお手伝いします。

外部サービス利用型共同生活援助・共同生活援助(介護サービス包括型)利用費用

【外部サービス利用型共同生活援助・共同生活援助(介護サービス包括型)利用料】

利用料(家賃) 11,000円から30,000円
共益費 3,000円
水光熱費 実費
食費 実費

【福祉サービス利用料・市町村で定められた利用者負担上限 月額】

外部サービス利用型共同生活援助 1日 231円から257円
共同生活援助(介護サービス包括型) 障害程度区分によって異なります。
1日 244円から645円

※平成26年8月現在
※詳しい利用料金につきましては、相談の時にご説明いたします。
※上記の項目以外に設備利用費がかかる所もあります。

【利用方法】
住まいの市町村の窓口にて、障害福祉サービスの申請が必要になります。

※ 外部サービス利用型共同生活援助、共同生活援助(介護サービス包括型)の他、共同住居の運営も行っております。詳細につきましてはお問い合わせください。

ご利用までの流れ

1 相談・見学 まずは、アイ・キャンにお電話されるか、直接お越しいただき、実際に利用されている方の生活などを見学したうえで、ご検討ください。
2 お住まいの市町村へ利用申請 利用をご希望でしたら、利用判定会をおこないます。
※より適切なサービスを提供させていただくために、医師の意見書を提出していただきます。
3 障害程度区分認定調査 お住まいの市町村へ、利用の申請を行っていただきます。
4 障害福祉サービス受給者証交付 心身の状況を総合的に判定するため、認定調査員による訪問調査を行います。
5 体験入居 ご希望の外部サービス利用型共同生活援助・共同生活援助(介護サービス包括型)を利用し、実際の生活を体験していただきます。
※必要書類「主治医の意見書」「体験入所申請書」「体験入所同意書」
※より適切なサービスを提供させて頂くために、医師の意見書を提出していただきます。
6 入居申し込み 入居の申し込みをしていただきます。
7 入居判定会 当事業所において、入所の可否を判定します。
8 判定結果の通知 入居判定会の結果を通知いたします。
9 入居契約 入居判定会の結果、入居が可能となれば、ご本人様と契約を結びます。
※必要書類「入居契約書」
10 入居 入居がスタートします。
※共同住居もこの流れに準じています。