あさかホスピタルグループ

代表あいさつ

医療福祉に関わる4つの法人が有機的に結びつき、人の心にやさしい地域づくりを目指します。

あさかホスピタルグループは4つの法人から成っています。

あさかホスピタルグループ 理事長 佐久間啓

安積愛育園は、知的障害や発達障害を持つ子どもの就学前の療育支援から、成人後の地域生活や就労支援に至るまで、幅広いサービスを展開しています。ホスピタルの子どもの心外来と連携や、障害の枠を超えてアイキャンと協力しています。
安積福祉会は2つの特別養護老人ホームと有料老人ホームを運営しています。これらが、医療法人の老人保健施設、訪問看護、ヘルパーステーション、居宅介護支援、包括支援センター(委託)、さらに認知症の専門的外来やデイケア、或は入院医療と総合的に連携しています。
また、NPO法人アイキャンは、デイケア、訪問看護と連携して精神障害者への生活支援から就労支援を統合的に展開しています。
このように、あさかホスピタルグループは、あさかホスピタルを中心とする医療法人安積保養園と社会福祉法人の安積愛育園と安積福祉会、そしてNPO法人アイキャンが有機的に結びつき、それぞれ単体では実現困難な、統合的で先進的な医療福祉サービスを提供しています。
また「Kふぁーむ」での共生事業"チルコロ"は、新たな地域共生を実現すべく、グループ全てが協力しています。