特別養護老人ホーム カーサ・ミッレ

活動の記録

カーサ・ミッレのスタッフがお届けするブログです。
行事や毎日の活動などをつづっています。

中学生の職業体験 29・7月

2017年07月18日

 毎年、地域の中学生が総合学習の一環として「一日職業体験」を当施設にて行っております。今年は、福祉・介護に興味がある9名の生徒さんに参加していただきました。はじめは、とても緊張している様子でしたが、施設見学やご利用者とのふれあいを通して緊張もほぐれ、笑顔いっぱいで活動していました。職業体験1.JPG職業体験2.JPG 昼食の配膳を手伝ったり、デイサービスセンターのご利用者と一緒にレクリエーションを行ったりと、ご利用者の皆様も生徒さんの若いパワーで元気をもらっていたようです。職業体験3.JPG職業体験4.JPG 他にも、高齢者体験や車椅子体験など行い、介護をする側、される側になって、それぞれの立場での体験を行い「とても勉強になった」「将来介護の仕事をしてみたい」「人の役に立てる仕事に就きたい」など、うれしい言葉も聞かれました。またいつでも遊びに来てくださいね。

地域交流会 29・6月

2017年06月30日

 毎年恒例の地域交流会の時期となりました。デイサービスセンターを中心として、地域の幼稚園、保育所の子ども達を招いて、歌や踊りなどを披露していただきました。地域交流3.jpg元気いっぱいの子ども達の姿に、ご利用者の皆様も笑顔が溢れ、感動の涙も見られておりました。地域交流2.jpg地域交流1.jpg子ども達とのふれあいを通してたくさんのパワーをもらい、楽しい一時を過ごすことができました。ご協力いただきました地域の幼稚園、保育所の皆様、本当にありがとうございました。

新年度あいさつ

2017年04月10日

 新年度となり、多くのフレッシュな職員が仲間入りいたしました。3月31日には、あさかホスピタルグループの合同入社式が行われ、当法人安積福祉会においては、16名の新入職員を迎えることができました。29入社式1.jpg29入社式2.jpg新入職員の希望に満ち溢れた表情、真剣な眼差しに私たち職員一同、大変うれしく思い、そして感謝をしております。入社後は、法人全体で新入職員研修を実施しました。29研修2.jpg29研修1.jpg当法人では、研修制度を充実させ、風通しの良い組織風土づくりを実践し職員の離職防止・定着化を目指しております。
 今年度のカーサ・ミッレ重点目標は、①地域の「心の声を聴く!」ことで、地域支援活動を充実させる、②キャリアパス制度の理解と実践、③地域NO1の介護サービスの提供を掲げております。職員一同、地域の福祉向上のため、今まで以上に努力し続けたいと考えておりますので、今年度も皆様からのご協力とご指導をよろしくお願いいたします。

団子さし 1月15日

2017年01月21日

「団子さし」って何?というくらい、最近なかなかお目にかかれない行事となりましたね。
団子さしとは、小正月(1月15日)に行われる行事で、「豊作」や「無病息災」を祈念して、ミズキの枝に団子や飾りを花が咲いたように挿していきます。当施設でも季節の行事として、毎年「団子さし」を行っており、皆様楽しそうに団子を丸めたり、飾り付けをされております。団子さし1.JPG団子さし2.JPG団子さし3.JPG飾りに使った団子は3日後に団子汁として食べられたりもするそうですが、綺麗に飾り付けされた木を見ていると、もったいなくて食べられませんよね。

2017年 酉年

2017年01月01日

 新年 おめでとうございます。
今年も一年、皆様にとって幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
 さて、カーサ・ミッレは、平成22年2月に当地へ新築移転し、丸7年を迎えます。また、当法人「安積福祉会」は、昭和52年6月に法人が設立し、今年で40周年を迎えます。これもひとえに、多くの地域の皆様の温かいご支援があってのことと職員一同深く感謝申し上げます。
 1月1日、カーサ・ミッレではご利用者の皆様におせち料理とお屠蘇を振る舞い、そして、職員手作りの「ミッレ神社」に初詣に出かけました。おせち.JPG屠蘇ふるまい.JPGミッレ神社.JPG皆様、真剣な様子で参拝しております。神様に何をお祈りしたのでしょう?
「ご利用者の皆様、そして職員が、今年も一年元気に笑顔で過ごせますように・・・。」
 私たち「あさかホスピタルグループ」は、地域の医療・福祉の向上のため、包括的なチームとして連携を密にし、誰もが地域の中で当たり前に生きていける地域づくりを目指していきます。今年も皆様のご支援をよろしくお願いいたします。