特別養護老人ホーム カーサ・ミッレ

サービスのご案内

ユニットケアを採用した施設入所、介護者のご都合により短期入所するショートステイ、
日帰りで入浴や食事の提供をするデイサービス、の3つのサービスがあります。

  • 施設入所
  • ショートステイ
  • デイサービス

施設入所【介護老人福祉施設】

それぞれの暮らしを大切にしたいという思いから「ユニットケア」を採用しています。
1ユニット10人の小規模な生活単位で、ご利用者一人ひとりを深く理解したケアを行います。

ご利用になれる方

・介護保険の要介護1から5と認定された方。

サービス内容

【居室の提供】

10人程度の小規模な単位で個室を配置するユニットケアを採用し、プライバシーを確保しながら、集団生活によるストレスを軽減し、清潔で穏やかに暮らすことのできる居室を提供します。

【食事】

当施設では、管理栄養士の立てる献立表により、栄養並びにご契約者の身体の状況を考慮した食事を提供します。

〈食事時間〉

朝食7:30~10:00 昼食12:00~14:00 夕食18:00~20:00

※ご契約者の生活リズムに合った食事時間を提供いたします。

欠食の場合、最低1日前に予め連絡があった場合には、食事を提供しなくてもよいものとします。

【入浴】

ご契約者の状態に応じ、個浴、リフト浴、特殊浴槽を最低週2回ご利用いただけます。健康上等の理由により入浴できない場合は、清拭を実施いたします。
但し、利用者に疾病があったり感染性疾患の疑いがあるなど、医師が入浴が適当ではないと判断する場合には、これを行わないことがあります。

【排泄】

排泄の自立を促すため、排泄アセスメントにより個人のプライバシーを尊重の上、身体能力を最大限活用した援助を行います。

【機能訓練】

ご契約者の状態に応じ、機能訓練指導員が日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。

【健康管理】

医師や看護職員が、健康管理を行います。

【生活相談】

ご利用にあたっての相談等、関係機関との連携により生活相談員がお受けします。必要に応じ、ご契約者にかかる介護保険法等にかかる各種代行申請を行います。

【レクリエーション】

月間予定表により、各種行事等にご参加いただけます(原則ユニットごとの計画実施とします)。

  • 機能訓練

  • 食事介助

ショートステイ【短期入所生活介護】

介護する家族の都合(冠婚葬祭や介護疲れなど)で一時的に家庭での介護が困難なとき、
短期的に入所し、介護を受けるものです。

ご利用になれる方

・介護保険要介護認定で要支援1・2または、要介護1から5と認定された方

サービス内容

【食事】

管理栄養士の立てる献立表により、栄養並びにお客様の身体状況、意向等を考慮した食事を、下記時間を目安に提供します。

〈食事時間〉

朝食 午前7:30から10:00 昼食 午前12:00から午後2:00  夕食 午後6:00から8:00

【入浴】

お客様の状態に応じ、個別浴槽・リフト浴槽・特殊浴槽を最低週2回ご利用いただけます。
健康上の理由(有熱時、血圧の変動が著しい、感染性の皮膚疾患など)により入浴できない場合は、清拭等を実施いたします。

【排泄】

排泄の自立を促すため、また個人のプライバシーを尊重の上、身体能力を最大限活用した排泄援助を行います。

【機能訓練】

お客様の状態に応じ、機能訓練指導員が機能低下防止のための訓練・グループワークを実施いたします。

【生活相談】

ご利用にあたっての相談等、関係機関との連携により生活相談員がお受けいたします。

【健康管理】

入所時の健康チェックを実施いたします。体調が思わしくないときは、ご家族や主治医に連絡いたします。

【レクリェーション】

各種レク活動、行事等に参加いただけます。

  • 食事準備

  • 食事

デイサービス【通所介護】

心身の状態などの理由により、自宅に閉じこもりがちな方々を送迎し、利用者同士の交流や家族の負担軽減を目的として、日帰りで入浴や食事の提供、機能訓練などを行います。

ご利用になれる方

・介護保険要介護認定で要支援1・2または、要介護1から5と認定された方

サービス内容

【送迎】

送迎車により、事業所と自宅との間の送迎を行います。

【健康管理】

健康チェック(体温・脈拍・血圧)を行い、体調把握に努めます。

【食事】

バランスのとれた昼食、おやつを給食センターで作り提供いたします。

〈食事時間〉

午前12:00から午後1:00

【入浴】

一般浴・リフト浴及びチェアーインバスの中で、状態に合った入浴を提供致します。

【機能訓練】

センターでの生活を通して、日常生活動作機能の維持及び低下防止に努めます。

 

【生活相談】

センター利用について、または、ご自宅での生活の不安や問題について介護支援専門員とともに相談にのり、その解決に努めます。

【レクリエーション】

レクリエーションをとおして、楽しみながら身体機能維持を目指します。

【行事】

毎月、季節感を取り入れた行事を行い、心身の活性化と楽しみ作りに努めます。

【排泄】

随時、声掛け・排泄介助をいたします。(オムツ利用の方はオムツを持参ください)

  • 送迎バス