グループホーム ポルタ

お手伝いできること

生活するうえのさまざまな場面で、どのようなサポートをしているか、
障がいをお持ちの方々に、どのように受け入れられているかをご紹介します。

生活全般のこと

入浴、睡眠、掃除、洗濯、整容など、みなさんが必要としていることに応じて、支援しています。
なんでもかんでも手伝ってしまうのではなく、時には一緒に模索しながら、皆様の「自分でできること」を増やしていきます。
自分でできるようになった時の表情は自信に満ち、また、新しいことを始めるための意欲にもなっています。

食事のこと

基本的に食事は世話人が作ってくれます。
「手伝いしたい」「料理する事が好き」「今後のために料理を覚えたい」という方がいれば、一緒に食事作りをすることもあります。
中には庭の畑で自給自足をしているホームもあり、収穫の楽しみに触れ、採りたて野菜の味を満喫することもあります。おやつは、畑でなったミニトマトや新鮮きゅうり。

健康のこと

定期的な通院や服薬管理、日々の健康管理について支援しています。
緊急的な体調不良やケガなども協力医療機関と連携して、対応しています。
中には通院の練習をし、自分で通院ができるようになった方もいらっしゃいます。自分の体のことや健康面に関しての意識をもってもらえる様に、各ホームでさまざまな工夫をしています。

お金のこと

お金の使い方、管理の仕方、買い物の仕方など、必要に応じて支援しています。
今後、自立した生活を希望する方には、収支を考えたお金の使い方や管理方法を相談にのったり、お金の支払いに不安がある方には、一緒に買い物などに付き添ったりもします。
お金を貯めて旅行へ行くことを楽しみにしている方々もいらっしゃり、仕事への張り合いにもなっています。

仕事や日中活動先のこと

利用されている皆様は、グループホームでの暮らしを基点として、仕事や日中活動先へ通っています。そのため、皆様が安心して通う事ができるように先方のスタッフと連携をとりながら、支援しています。

余暇・休日の過ごし方

余暇や休日は1人ゆっくりとした時間を過ごしたり、友人と外出をしたり、好きなことを見つけながら、それぞれの過ごし方を満喫しています。
1人での外出に不安がある方は、移動支援事業所を利用したり、世話人、支援員と一緒に外出することもあります。HANA(ラテンパーカッショングループ)・スペシャルオリンピックスなどの活動に参加している方もいらっしゃいます。

社会福祉法人 安積愛育園グループホームポルタ

024-947-7575

(あさかあすなろ荘)

入所(住居)・18歳から壮年

お手伝いできること