あさかホスピタル  | あさかホスピタルの特色 | リハビリテーション

言語聴覚療法

「ことば」や「食べること(飲み込み)」に問題を抱える方を対象に、
子ども・大人で、それぞれに合ったトレーニングをします。

言語聴覚療法 (Speech Therapy)について

「ことば」や「食べること(飲み込み)」に問題を抱える方々に対して言語聴覚士(Speech Therapist;ST)が、医師の指示のもと、評価・トレーニング(訓練)・アドバイスといった支援を行います。

  • 子どものトレーニング
  • 大人のトレーニング

こどものトレーニング

対象は?

  • ことばが遅れている
  • やり取りが苦手(質問に答えられない、視線が合いづらい、お友達と話ができないなど)
  • 文字の読み・書きが苦手
  • 集中して話が聞けない
  • ことばがはっきりしない(赤ちゃんことばが抜けない、特定の音を間違うなど)

どんなことするの?

「ことばが遅れている」「やり取りが苦手」

検査や行動の観察、保護者からの聞き取り等を行い、「ことばの基礎を作る練習」「単語や文・助詞を理解・表現する力を伸ばすための練習」「やり取りの練習」など、お子さんにあったプログラムを作成し、トレーニングを行います。
また、集団の中でのやりとりが特に苦手なお子さんについては、グループでの練習も行います。

「文字の読み書きが苦手」「集中して話が聞けない」

検査や行動の観察、保護者からの聞き取り等を行い、「読み書きの練習」「集中・注意して取組む練習」など、お子さんにあったプログラムを作成し、トレーニングを行います。

「ことばがはっきりしない」

検査や行動の観察、保護者からの聞き取り等を行い、「唇や舌などお話しするために必要な器官の運動」や「正しい音をつくるための練習」など、お子さんにあったプログラムを作成し、トレーニングを行います。

大人のトレーニング

対象は?

  • 脳卒中や事故の後、ことばが出にくい、ことばが理解しにくい、ことばを言い間違う、字が読みにくい・書きづらいなど
  • 脳卒中や事故の後、ことばがはっきりしない、話しづらいなど
  • 飲み込みにくい、食事の際にムセるなど

どんなことするの?

ことばが「出にくい」「理解しにくい」「言い間違う」「字が読みにくい・書きづらい」

検査や行動の観察、ご家族・ご本人からの聞き取りなどから、個人に合わせ「聞く」「読む」「話す」「書く」力を向上させるためのプログラムを作成し、トレーニング(訓練)を行います。

「ことばがはっきりしない」「話しづらい」

検査や行動の観察、ご家族・ご本人からの聞き取りなどから、個人に合わせ「口や舌、喉などお話しするために必要な器官の運動」「正しい音を作るための練習」などのプログラムを作成し、トレーニング(訓練)を行います。

食事の際「飲み込みづらい」「ムセる」

検査や行動の観察、ご家族・ご本人からの聞き取りなどから、個人に合わせ「口や舌、喉など食事をするために必要な器官の運動」のプログラムを作成し、トレーニング(訓練)を行います。また、「食べやすい食器や食事の提案」もさせていただきます。

医療法人 安積保養園あさかホスピタル

財団法人 日本医療機能評価機構 認定病院

【お問い合わせ】

午前 8:30から午後 5:00

024-945-1701(代)

0120-46-1701

受付時間

[総合心療科]※午前のみ
初診:
11:00まで
再診:
11:30まで
[内科]
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
※土曜の午後は、初診 15:00まで、再診 15:30まで
[小児科]※火・木・土曜午後休診

初診・再診とも、午前 11:30まで、午後 16:00まで

※健診・予防接種は完全予約制

[脳神経外科]※土曜午後休診
初診:
午前 11:00まで
午後 16:00まで
再診:
午前 11:30まで
午後 16:30まで
[歯科]
〈月・水・金〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後18:00まで
〈火・木・土・日〉
初診・再診とも、午前 11:30まで、午後16:30まで
あさかホスピタルの特色
リハビリテーション
作業療法
言語聴覚療法
デイケアセンター「イルマーレ」
重度認知症デイケア
通院リハビリテーション
プログラムの比較